赤ら顔のスキンケア

■赤ら顔のスキンケアをする前に 赤ら顔を治したい!と思っている女性はやはり多いはず。それを改善するには、スキンケアよりもまず「日頃の肌への接し方」も見直す必要があります。 それはどういうことかというと、 ・肌が乾燥して思わず掻いちゃった ・鼻の毛穴に詰まった角栓が気になって思わず鼻を押して出そうとしちゃった ・毛穴を小さくしたくてお肌がぴりぴりする収れん化粧水を使いすぎちゃった ...といった、日...詳しくはコチラ

赤ら顔の漢方

■赤ら顔と漢方 血流などを薬で改善し、病気を治すというのが漢方の基本的な考えですが、その中でも「生まれつきで慢性化した」「緊張やストレスによる」赤ら顔は漢方の病院を開く専門家でも治療が難しい症状なのだそうです。 なぜこれらの症状の治療が難しいのかというと、慢性的に赤ら顔になっているという場合、赤くなる部分の毛細血管が大きく広がってしまっている状態にあるので、その症状を抑えるには「血管を小さくする」...詳しくはコチラ

赤ら顔のファンデーション

■赤ら顔を隠すファンデーションの色 赤ら顔は、小さい頃なら「林檎みたいに赤いほっぺで可愛い」で済むのですが、大きくなると「なんかカントリーっぽい?」と言われてしまうこともあります。 赤ら顔のようにチークをのせるメイクもありますが、できるなら化粧でうまいこと対策をしたいですよね。 そういった、赤ら顔を隠す色として最適と口コミなどで言われているのは「ベージュ」系統の色(この系統の色にはベージュ、ナチュ...詳しくはコチラ

赤ら顔のクリーム

■クリームが苦手な人用の赤ら顔ケア スキンケアも人によって好みが全然違います。中にはスキンケアは化粧水+乳液だけで、クリームはちょっとべたべたするから苦手...という方もいるでしょう。 そういった方は、高機能の乳液をチョイスして使うのもいい考えです。 赤ら顔などのトラブルでお悩みの方に高い評価を受けている化粧品ブランド「DoctorSUNY(ドクターサニー)」のDSモイスチュアミルク(100ml、...詳しくはコチラ

赤ら顔のサプリメント

■赤ら顔とサプリメント 赤ら顔に効くサプリメント、というものはあまり聞きません。 赤ら顔は皮膚というよりはその下の毛細血管に原因があるものなのですが、血管を細く縮めるというサプリメントは人気ランキングを探してもあまりないようです。 実際、赤ら顔に効く効くと評判のビタミンKは主に皮膚に塗りこむクリームとして使われます。 これは、ビタミンが口からではなく、皮膚から取り込むことによって赤ら顔の原因となる...詳しくはコチラ

赤ら顔の化粧水

■赤ら顔と化粧水 スキンケアにやっぱり必要不可欠なのが、お肌に潤いを与える「化粧水」ですよね。 これからの季節は特に乾燥も気になってくるし、しっとり系の化粧水はマストアイテムという方も多いのではないでしょうか。 でも、できるならその潤い補給にプラスして赤ら顔などの肌トラブルを一緒に片付けてくれる化粧水だったら最高ですよね。 以前その潤い効果で「冬の乾燥対策には最高!」という絶賛口コミが殺到したジュ...詳しくはコチラ

赤ら顔のための化粧品

■赤ら顔と化粧品 赤ら顔の原因に、化粧品があることをご存知の方は多いのではないでしょうか。 特に、アルコールを用いた収斂(引き締め)用の化粧品などは皮膚の下の毛細血管を大きく拡張させて血行を促進してしまう為、肌がどんどんと赤くなってしまうのだそうです。 (お酒を飲んだとき、顔が真っ赤になる方はその作用が顕著に働くみたいです) 意外とこの化粧品による症状は男性にもよくあらわれるもので、スキンケアを始...詳しくはコチラ

▲グッズトップに戻る