赤ら顔と酒について

■赤ら顔とお酒の関係 日本では赤ら顔は「酒さ(しゅさ)」とも呼ばれています。これは病気と言うよりは「体質」を指したもので、赤くなった顔がお酒を飲んだかのように見えることやお酒を好む方に症状が出ることが多いことに由来しているそうですが、日本人にそういった、飲むと肌が赤くなりやすい体質の方が多いことも関係しているようです。 そもそも何でアルコールを飲むと赤ら顔になるのか?というと、アルコールが体内の自...詳しくはコチラ

赤ら顔の食事について

■赤ら顔と食事の関係 赤ら顔というと、アトピーの薬のせいだったり、スキンケアグッズが合わなかったり、顔をこすりすぎたり、緊張で顔が真っ赤になるのが慢性化してなってしまうもの...と思われるかもしれませんが、その原因の一つには「食事」もあることにお気づきの方はあまりいないようですね。 でも考えてみてください。お酒を飲んだり、唐辛子のたくさん入った激辛料理を食べたりすると顔がカーッと熱く、赤くなったり...詳しくはコチラ

赤ら顔の原因について

■赤ら顔の原因 赤ら顔は別名を「毛細血管拡張症」といい、皮膚のすぐ下にある毛細血管に血液が大量に流れることで、見た目に皮膚が赤く見えるという状態が慢性化した状態のことで、厳密に言うと皮膚病ではないようです(皮膚病というよりは、体質と考えられるようです)。 これには様々な原因がありますが、一番良くあるものとして「寒冷地での生活」「精神的なストレスに長時間晒されることが多い」「ステロイドを配合した薬を...詳しくはコチラ

▲原因についてトップに戻る