赤ら顔のメイクについて

■赤ら顔とメイク 赤ら顔持ちの方(特に女性)の最大の悩みは「いかにして顔の赤い部分を隠すか?」という点です。それをメイクで解消するならば「化粧下地」「ファンデーション」などコスメも大切になりますよね。 赤ら顔をメイクで隠すならば「緑色」のメイク下地が相場と決まっていて、コスメを取り扱ったサイトや雑誌やTVなどのメディアでも「赤みを隠すなら緑色!」という意見が大勢を占めていますが、人によっては「黄色...詳しくはコチラ

赤ら顔と皮膚科について

■赤ら顔と皮膚科 赤ら顔は顔の皮下(真皮)にある毛細血管が拡張することで大量の血管が流れ込み、顔が赤く見える「現象」です。そのため、以前は皮膚科などの病院にかかろうとしても「病気ではない」ために保険適用外の治療になることがほとんどだったといわれています。ですが、赤ら顔の原因の中でも「毛細血管拡張症」という症状が見られる場合は「病気」として扱われるために病院でも保険適用が行われるのだそうです。 それ...詳しくはコチラ

赤ら顔の薬について

■薬以外の赤ら顔の改善方法 赤ら顔の治療にはやはり皮膚科で処方された薬を使ったり、皮膚科のお医者さんの作ったドクターズコスメを使ってのスキンケアを頑張るしかない...と思っているかもしれませんが、食事などでもある程度の改善ができるのだそうです。 ではどんなものを食べればいいの?と言うと、ビタミンBの中でも「ビオチン」と呼ばれるビタミンB7の入った食べ物で、このビオチンが入った食べ物は炎症や赤ら顔の...詳しくはコチラ

赤ら顔とビタミンKについて

■赤ら顔とビタミンKの関係 赤ら顔対策の薬として確固たる地位を築いているのが「ビタミンKのクリーム」。もともとは手術後のケア用に使われていたそうなのですが、いつからか赤ら顔対策のケア用化粧品としても認知され始めました。 赤ら顔になる人の場合、皮膚の下の毛細血管に血栓ができてしまっているために血流が細くなってしまってしまい、その結果、何らかの刺激が与えられることで突然大量の血液が血管に流れ込み顔が赤...詳しくはコチラ

赤ら顔とレーザー手術について

■生まれつきの赤ら顔 赤ら顔になった方の原因は色々ありますが、中には「生まれつき」という方もいます。生まれつきの赤ら顔の場合、美容整形外科などによるレーザー治療は聞きにくいとよく言いますが、生まれつきで症状があるという方は、その赤ら顔は「体質」ではなく赤あざという「病気」が原因になっていることがあるので注意が必要です。 その病気の一つが「単純性血管腫」で、これは先天性(生まれた時点で発症していると...詳しくはコチラ

赤ら顔のマッサージ

■赤ら顔とマッサージ 赤ら顔は顔の皮膚の下にある毛細血管にたくさん血が流れ込むことで起こる現象なんだから、マッサージで血行をよくしたら改善どころか逆効果じゃないの?と思う方もいると思います。 確かに、過度に力を入れすぎたマッサージは肌に強い刺激を与えるために赤ら顔の原因になることもありますが、赤ら顔はもともと血行が悪い毛細血管に大量の血液が流れることで起こるものでもあるので、毎日やさしくマッサージ...詳しくはコチラ

赤ら顔の改善

■赤ら顔を改善するには 赤ら顔の症状を改善するには他の皮膚病の治療と同様に「問題となる物質を取り除く」「症状を抑えるための物でカバーする」という治し方の原則を守る必要があります。 この問題となる物質というのはアルコールや、手で引っかくなどの外からの刺激といったもので、症状を押さえる為の物というのはビタミンKなどの栄養素をとるためのサプリメント、美容外科のレーザー治療がそれに当たります。 もちろん赤...詳しくはコチラ

赤ら顔の治療

■赤ら顔の治療 赤ら顔は「毛細血管の拡張による症状」が原因となっているため、基本的には悪い病気ではありませんし、病院でも治療をするということはそうありません。 ですが、症状によっては皮膚病やそのほかの疾患のサインとなっていることもあるので、ある日突然赤ら顔になった...という場合は、特に注意が必要になります。 特に、赤ら顔は治療よりも「隠す」ということに主眼を置いてしまう方も少なくないので、隠すよ...詳しくはコチラ

赤ら顔の治し方について

■赤ら顔の治し方 赤ら顔の治し方は様々ありますが、その中でも特に治療が難しいといわれているのが「生まれつきの赤ら顔」と呼ばれているものです。 これは、生まれつきに皮膚が薄いために起こるもので、皮膚はそうそう厚くはできないため、というのが理由として挙げられるようです。 そういった方は治すことは難しいですが、化粧でうまくカバーすることもできます。 お悩みの方は、一度デパートの化粧品ブランドのカウンター...詳しくはコチラ

▲対策トップに戻る