赤ら顔とアトピーの関係

■アトピーと赤ら顔の関係

アトピー性皮膚炎になっている方には、赤ら顔になっている方もたくさんいます。
これはどういうことかというと、アトピーはもともと皮膚炎症を起こす皮膚の病気なのですが、この炎症した部分が強い痒みを伴うために、子供などは我慢できずに思わずかきむしってしまう(皮膚に強い刺激を与えてしまう)ために毛細血管が熱を持って拡張し、かきむしることが慢性化した結果、赤ら顔のようになってしまうのだそうです。

また、かゆみの症状を抑えるために使用するステロイドを配合した塗り薬も、短期間ならばいいのですが長期間使い続けることで赤ら顔の原因になるなど、非常に赤ら顔になりやすい環境下にあるといえます。


■アトピーによる赤ら顔の改善

アトピーを原因とした赤ら顔の症状を改善するには、まず食事を見直すことがその第一歩になります。というのもアトピーはアレルギーが原因になっていることもあり、問題となる食べ物を食事のときに摂取しないことで赤ら顔などの症状の改善が見られることもあるからです(実際、アトピー持ちだった私の友達は卵がだめでした)。

こういったアレルギーテストは病院の皮膚科のほか内科や小児科でも行ってもらえますが、きちんとチェックしたい場合は日本アレルギー学会に登録している医師のいる病院で見てもらうことをお勧めします。
学会のホームページで病院や専門科などをチェックすることもできますので(ホームページでは指導医資格を持った先生のみがリスト登録されているそうですよ)、食べ物や花粉アレルギーをしっかり調べたい方は見てみてくださいね。


■アトピーとスキンケア

アトピーによる赤ら顔の状況を改善するための方法には食事療法の他にスキンケアによる治療があります。アトピーは炎症によって肌が非常に乾燥しやすく、かさかさしやすい状態にあるので、皮膚を保湿するスキンケアを行うことによって赤ら顔の症状を少しずつ治療することもできるのだそうですよ。

そういった保湿ケアに効果的なのは、やはり皮膚科のお医者さんが処方してくれるクリームやローションです。
「白雪の詩(ねば塾)」など余計なものが入っていない低刺激な石鹸(刺激の強い石鹸を使うと逆に症状が悪化します!)などでお肌の汚れを取り除くといいでしょう。


楽天で調べる場合はこちら⇒『白雪の詩

その後で「パスタロンローション」など(昔皮膚疾患を起こしたときに処方してもらいましたが、非常に潤いました)、尿素を配合した乾燥性の皮膚疾患に効果的なスキンケアグッズを丁寧に塗ることで、痛みや痒みを少しずつ抑えていくようにしましょう。


楽天で調べる場合はこちら⇒『パスタロン
自分の肌と相談しながら適量を使うのがいいかもしれませんね。

赤ら顔とアトピーの関係の関連記事

▲赤ら顔とアトピーの関係トップに戻る