赤ら顔の治し方について

■赤ら顔の治し方

赤ら顔の治し方は様々ありますが、その中でも特に治療が難しいといわれているのが「生まれつきの赤ら顔」と呼ばれているものです。
これは、生まれつきに皮膚が薄いために起こるもので、皮膚はそうそう厚くはできないため、というのが理由として挙げられるようです。

そういった方は治すことは難しいですが、化粧でうまくカバーすることもできます。
お悩みの方は、一度デパートの化粧品ブランドのカウンターなどで化粧方法のアドバイスを受けるといいかもしれませんね。


■赤ら顔に効くビタミンとは

赤ら顔の治し方をまとめたサイトでもよく見かけるのが「ビタミンKを摂取しましょう!」ということ。
なぜビタミンKなのかというと、このビタミンには血液凝固作用があるために過剰な血液循環が行われなくなる、ということが由来しているようです。
治し方のひとつとして皮膚科で処方される薬用のクリームの他にもビタミンKの配合されたクリームを利用してもいいでしょう。

食品でも納豆やチーズなどを食べることでビタミンKは摂取できますが、妊娠中の方などは過剰摂取すると溶血性貧血になったりするなどのトラブルを招くこともありますので、食べすぎも禁物です。
お酒のつまみに食べても効果は薄くなりますので、お酒も少々控えめにしましょうね。


■花粉症による赤ら顔の治し方

花粉症になると鼻水と涙で顔がグズグズになって赤ら顔になってしまう、もしくは日焼けしたら赤くなって、そのまま赤ら顔になっちゃった...という方もいると思います。
そういった方で赤ら顔の治し方を探している方にアドバイスしたいのが「こすらないようにする!」ということです。
こするとさらに肌に刺激が与えられる為、皮下にある毛細血管が熱を持って膨張してしまう為、顔が赤くなってしまいやすくなるのです。
シーズンが始まる前に皮膚科など、症状に合った病院に行って花粉症の治し方・予防方法を考える事が大切なんですよ。

日焼けで肌が赤くなった場合は、きゅうりパックなどを行って沈静を早めに行うようにすることがポイントですよ。


■漢方での赤ら顔の治し方

赤ら顔の治し方が見つからない...と嘆いている方もいると思いますが、漢方薬を使う治し方も、巷では話題になっています。
この症状は毛細血管の拡張が慢性的に起こることによって引き起こされるのですが、漢方ではこの毛細血管の流れを抑え、血管をだんだん細くするという効果を期待した「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」を処方されることが多いようです。
しかし、女性によっては更年期障害と絡んだり、他に原因があったり...ということで違う薬を処方されたほうが治し方としては効果的ということもありますので、まずは漢方センターなどで相談をしましょう。

赤ら顔の治し方についての関連記事

▲赤ら顔の治し方についてトップに戻る