赤ら顔のファンデーション

■赤ら顔を隠すファンデーションの色

赤ら顔は、小さい頃なら「林檎みたいに赤いほっぺで可愛い」で済むのですが、大きくなると「なんかカントリーっぽい?」と言われてしまうこともあります。
赤ら顔のようにチークをのせるメイクもありますが、できるなら化粧でうまいこと対策をしたいですよね。

そういった、赤ら顔を隠す色として最適と口コミなどで言われているのは「ベージュ」系統の色(この系統の色にはベージュ、ナチュラルベージュ、ライトベージュやサンドなどがあります)。
グリーン系の下地と合わせて使用すると効果は絶大になりますよ。
良くあるオークル色はベースに赤色が入っているため、ファンデーションがくすんでくると逆に赤ら顔が目立ってしまうというデメリットが出てくるので要注意です。


■赤ら顔のためのファンデーション

化粧下地に緑色のコントロールカラーを使用する方はいると思いますが、ファンデーションも緑系の色で補正をしたい!という方にお勧めなのが「Verdir(3980円日本製)」です。
このファンデーションのびっくりなところは「緑色」ということ。塗ったら妖怪人間になっちゃうんじゃないの?と思うかもしれませんが、赤いところに塗ると光の補正でその部分が「白く」見えるようになるので、赤ら顔対策をしたい方にはとくにオススメなんですよ!

楽天で調べる場合はこちら⇒『Verdir

それに、UVカット効果(SPF20)、美容液成分+下地+コンシーラー+ファンデーションと1つで5つの役割を果たしてくれるので、たくさん化粧品を塗ると肌荒れしやすい、という方にもおすすめです。


■皮膚科の赤ら顔用ファンデーション

やっぱり肌荒れが嫌だ!という方は、少々割高でも皮膚科や美容外科のお医者さんが製作監修したドクターズコスメを利用するのもいいかもしれません。
昔はそういった類のファンデは肌荒れしないけどカバー力も寂しいという口コミが多かったですが、最近は肌にも安心+赤ら顔のカバー効果もばっちりなコスメも続々増えてきています。
通販で有名なところでは「ミーティア ドクターファンデーション(定価6300円)」がありますね。
こちらは色が「ナチュラル」一色ですが、仕上がりの写真を見る限りでは完璧とまではいきませんがある程度の赤みを抑えることができるみたいですね。


楽天で調べる場合はこちら⇒『ミーティア
また、そういったベースメイクの仕上げに皮膚科でも使用される「ミネラルファンデーション」といわれるパウダーをはたくのもいい考えです。
エトヴォスのミネラルシアーファンデーションは楽天市場でお試し価格189円(!)で買えるので気軽に使うことができますし、イエロー系の物を選べば赤ら顔を抑えることができますよ。


楽天で調べる場合はこちら⇒『エトヴォス

赤ら顔のファンデーションの関連記事

▲赤ら顔のファンデーショントップに戻る