赤ら顔のサプリメント

■赤ら顔とサプリメント

赤ら顔に効くサプリメント、というものはあまり聞きません。
赤ら顔は皮膚というよりはその下の毛細血管に原因があるものなのですが、血管を細く縮めるというサプリメントは人気ランキングを探してもあまりないようです。

実際、赤ら顔に効く効くと評判のビタミンKは主に皮膚に塗りこむクリームとして使われます。
これは、ビタミンが口からではなく、皮膚から取り込むことによって赤ら顔の原因となる拡張された血管に高い効果を発揮するからといわれています。
ビタミンKのサプリメントはDHCの通販でも発売されていますし、青汁にもビタミンKはたっぷり含まれているのに赤ら顔に効くなどの触れ込みもなく、口コミサイトやそういった通販のランキングなどでも流行の兆しがあまり見られないのはその為なのかもしれません。


■サプリメントの副作用

サプリメントは健康にいいみたいだから何でもたっぷり摂ろう!...とは思ってはいけません。
「摂取量」「飲み合わせ」や、それに伴った「副作用」があることを知らずに摂ってしまうと、体にとって逆効果になってしまうこともあるんですよ。

特に気をつけたいのが、赤ら顔のクリームにも配合されている「ビタミンK」。
このビタミンには血液を凝固させるという効果があるので巣が、「血栓症」「梗塞症」などの持病を持っている方は、そういった病気の対策の薬と飲み合わせると双方とも効果を打ち消しあってしまいます。
赤ら顔対策でビタミンKのサプリメントなどを摂取してみようかなと思った時は、必ず担当の先生や薬剤師に相談してから利用するようにしましょう。


■妊娠中の赤ら顔とサプリメント

妊娠中はきちんと栄養を摂る必要がありますが、サプリメントは「葉酸」の摂れる物以外は基本的に摂取を勧められていません。
これは、葉酸が通常の食事で必要な分の栄養素を毎日摂取するのが難しい為で、他のビタミンに関しては「サプリメントや点滴で過剰にビタミンを摂取することで、妊婦や胎児に対して副作用が起こる」という可能性があるからといわれています。
鏡をふと眺めて赤ら顔などの肌トラブルが気になることもあるでしょうが、妊娠している間はぐっと我慢で過ごしましょう。

妊娠中は体重制限を厳しくして赤ちゃんが3000g以下で産んだ方が楽という口コミもありますが、それは分娩が楽なだけ。
低体重過ぎる赤ちゃんが生まれると、自分だけが先に退院して赤ちゃんだけNICUに残るという悲しい目に遭うこともあります。
この先母子ともに(ここが大事)健康にに子供を育てるには、しっかり食事で栄養を摂るようにすることも大切なんですよ!

赤ら顔のサプリメントの関連記事

▲赤ら顔のサプリメントトップに戻る