赤ら顔の化粧水

■赤ら顔と化粧水

スキンケアにやっぱり必要不可欠なのが、お肌に潤いを与える「化粧水」ですよね。
これからの季節は特に乾燥も気になってくるし、しっとり系の化粧水はマストアイテムという方も多いのではないでしょうか。

でも、できるならその潤い補給にプラスして赤ら顔などの肌トラブルを一緒に片付けてくれる化粧水だったら最高ですよね。
以前その潤い効果で「冬の乾燥対策には最高!」という絶賛口コミが殺到したジュジュ化粧品の「アクアモイストシリーズ」はアルコールフリー(無使用)ではありませんので赤ら顔にお悩みの方は対策としては少々使いにくいかもしれません。
そういう方は、化粧水ではなくアルコールフリーの「保湿フェイスマスク」やヒアルロン酸美容液の「ピュアH100」を日常のスキンケアの中でうまく使うといいと思いますよ。


楽天で調べる場合はこちら⇒『ピュアH100


■プロアクティブと赤ら顔

眞鍋かをりさんのCMで最近すっかりおなじみになったアメリカ発のスキンケアラインが「プロアクティブ」です。
こちらはどちらかというとニキビに特化した化粧水などの開発を行っている為にアルコール分が強い商品が多めで、敏感肌で赤ら顔という方は、逆に化粧水を使って顔が真っ赤になってしまう可能性もあります。

ちなみに私が使ってみた感じでは、ニキビ原因の赤ら顔をケアする為に使うならば10代?20代前半のお肌の代謝が活発な方向け、という印象を受けました。
アメリカの物は少々心配という方は、日本発の「RACA(ラカ)」の化粧水を試してみるのもいいかもしれません。
ニキビ撃退+お肌の保護に米ぬかやよもぎ、どくだみなど昔から日本で使われてきたものが配合されているので、ニキビによる赤ら顔を改善したいという方には相性がよいと口コミで評判ですよ。


■赤ら顔とビタミンK

赤ら顔の改善効果があるといわれている栄養素がビタミンKですが、実際にこのビタミンKが配合されている化粧水はほとんどありません。
では、化粧水の他にビタミンKをお肌に取り込めるメイク道具はあるのか?というと、あるんですよ。

韓国では「アンチレッドビタミンKセラム」という美容液が販売されているそうです。
この美容液は低刺激・無着色・無香料なので、敏感肌赤ら顔の方も安心して使えそうですね。
これを作っているDr.JART+は皮膚科専門医などの知識を参考に作った高級化粧品ブランドで、韓国国内でもBBクリームなどのメイクアイテムで大人気なんですよ。
韓国コスメを扱っている通販サイトでは5480円?で販売されているようなので、韓国の皮膚科が作ったドクターズ・コスメに興味がある方は見てみてはいかがでしょうか?

赤ら顔の化粧水の関連記事

▲赤ら顔の化粧水トップに戻る