赤ら顔の改善

■赤ら顔を改善するには

赤ら顔の症状を改善するには他の皮膚病の治療と同様に「問題となる物質を取り除く」「症状を抑えるための物でカバーする」という治し方の原則を守る必要があります。
この問題となる物質というのはアルコールや、手で引っかくなどの外からの刺激といったもので、症状を押さえる為の物というのはビタミンKなどの栄養素をとるためのサプリメント、美容外科のレーザー治療がそれに当たります。

もちろん赤ら顔には様々な原因があるので、それらに合った改善治療の方法を探していくことが大切なんですよ。


■レーザーでの赤ら顔の改善

以前、病院での赤ら顔の治療といえば顔を切開して拡張された毛細血管を切除したり、場合によっては皮膚移植をするなどの方法をとって改善するようにしてきましたが、最近の主流は切開の必要なく改善ができるレーザー治療が主流となってきているようです。

こういった赤ら顔のレーザー治療を専門に行っているのが、東京都小岩にある「精美スキンケアクリニック」。
治し方としては58種類のレーザー機器を使い分けることによって、治療のリスクを極力減らすような工夫をしているのだそうです。
初診料に3150円、もしくは再診料に2100円がかかるそうですが、当日に治療を受ける場合はこの料金はサービスされますよ。


■ビタミンKでスキンケア

赤ら顔や美白など、皮膚の悩みの対策として昔から定評があるのが、ビタミンKを用いた化粧水やクリームなどのスキンケアグッズです。
サプリメントや青汁などでビタミンKは摂取できますが、やはりダイレクトに改善効果を実感するならば外からのケアの方が効果が高いようですね。
こういったスキンケア商品の中でも口コミで特に有名なのが「フィオナK」。もともとは術後の傷口のカバーに使われていた商品だそうですが、ビタミンKが入っているということで赤ら顔の改善にも使われるようになったそうです。
薬用とはいっていますが、通販などで売っているクリームには香料入りの物が多いため、そういったものが苦手な方は注意が必要ですよ。


楽天で調べる場合はこちら⇒『フィオナK


■赤ら顔を改善する漢方

昔から中国の漢方医学でも赤ら顔を改善する漢方薬は作られてきましたが、中国医学では単に赤ら顔といっても「肝腎陰虚証」「血才証」「胃熱証」など、症状によって病名が細かく分かれていて、それに合わせて処方される漢方薬も全然違ってきます。

ですので、口コミでは「これで改善された!」という意見があっても、実際は全然効かないというケースもなきにしもありません。
まず自分がどのような症状なのか認識する為には、「世伸堂薬局」のウェブサイトが役立ちます。
ここで自分の症状と照らし合わせておくと、薬局で相談するときにも役立つと思いますよ。

赤ら顔の改善の関連記事

▲赤ら顔の改善トップに戻る